内祝いのことを知る

内祝いには様々な種類があります。また、種類によってお返しをするかしないかなどの違いがあるのです。ですから、内祝いについて理解し、お返しが必要であればその場に適切なお返しを贈りましょう。

様々な種類の内祝い

結婚の内祝い

結婚祝いをもらった時には、披露宴に招いて引出物をお渡しするという流れがお返しとなります。もし、何らかの理由でお招きできなかった人からお祝いをもらった場合には、品物でもお返しをする必要があるでしょう。また、結婚式披露宴に祝電をもらった時に祝電のお返しする必要はないです。しかし、結婚の報告と挨拶を兼ねてお礼状は必ずしましょう。

長寿の内祝い

家族からもらう長寿祝いに関しては必ずお返しをしなくても問題ありません。もし、お返ししたい場合は、内祝いとして記念品などを贈るとよいでしょう。家族以外から長寿祝いをもらった場合は、お礼状は最低限出すようにしておくことが大切です。

七五三の内祝い

七五三などの子どもの内祝いは基本的にお返しは不要ですが、お返しをする際には実用品を用意するようにしましょう。また、おめでたいこととして、赤飯を内祝いとして贈る方もいるようです。

入学祝い

入園祝いや入学祝いをもらった場合には、親しい間柄であればお返ししなくても大丈夫です。しかし、親しい間柄でなければ祝ってくれた方に対してお礼の電話をかけるのがマナーとなっています。また、お礼状を出すことも重要となるでしょう。

快気内祝い

快気祝いは、病気中にお見舞をして頂いた人へのお返しを兼ねて病気の完治を報告する贈り物のことを言います。また、お見舞をして頂いた人に限らず病気の完治を報告するお祝いやお礼をする場合は快気内祝いや快気祝になります。

祝い事

内祝い

内祝いの意味

内祝いとは、おめでたいことがあった時に喜びを周囲の人々にも分けるという意味で贈られていました。しかし、最近ではおめでたいことがあり、お祝いをしてもらった時のお返しとして内祝いを贈るようになっています。

出産内祝いのこと

出産内祝いであればのしを使用する必要があります。この時、のしは紅白の蝶結びにしておきましょう。また、表書きは出産内祝や内祝と書きます。また、下段には子どもの名前を書くのが一般的な出産内祝いとなります。子どもの名前を書く理由には、生まれた赤ちゃんの名前を知ってもらうという目的があります。

内祝いは事前に準備しておく

基本的に内祝いは生後1ヶ月くらいまでに贈るようにしましょう。しかし、初めての出産の場合、初めてのことばかりなので内祝いを考える余裕がない方もいるかと思います。その為、内祝いを出産前から準備しておくと余裕を持って手配を進めることができるでしょう。

内祝いを贈る

内祝いを贈る時は、相手の年代や家族構成などを考えて選ぶようにしましょう。また、内祝いで贈りやすい品物はタオルなどの日用品となります。どの家庭でも使いやすいものを贈ると困ることはありません。この他に、人気の内祝いの品物に挙げられるのがお米です。お米は必需品となるので、誰に贈っても喜ばれるでしょう。

感謝の気持ちが大切

内祝いでどんな品物を贈っても1番重要なのは感謝の気持ちです。そうすることで、相手にも喜んでもらえてより一層良い関係を作っていけるようになるでしょう。

内祝いに関すること

内祝い

祝い事

内祝いは喜ばしいことを周囲の人におすそ分けするという意味で贈られていました。また、内祝いには様々な種類があり、マナーも様々なです。さらに、内祝いによってお返しをするかの有無が存在します。ですから、適切に内祝いができるように知識を身につけておきましょう。そうすることで、お返しの際に戸惑う可能性はなくなります。そして、内祝いのお返しの時に1番重要となるのは感謝の気持ちをしっかりと伝えることになるでしょう。

READ MORE
広告募集中